• シートフレームを取り付けるための要件

旋回ベアリングは、荷重を伝達するためにシートフレームに取り付ける必要があります。 設置シートフレームにはさまざまな形状があり、その構造を図1に示します。 3. 荷重をよりよく伝達するためには、設置するシートフレームの剛性と精度が十分であり、シートフレームの各部分の剛性が同じである必要があります。シートフレームと旋回ベアリングは、ボルトとナット、および溶接によってのみ接続できます。 絶対に禁止されています。 特定の要件については、次の表3を参照してください。

  • 駆動ピニオンの要件

弊社のほとんどの旋回軸受は歯車を備えており、歯高を修正して(歯先係数は+0.5)明らかに圧力を下げ、歯根の干渉を避けるために歯高を下げています(歯先の特定の部分をカット)。 ピニオン。 ピニオンの歯数が18未満の場合に幾何学的干渉を回避するために、ピニオンの歯の高さも修正する必要がある場合があります。 これは、ピニオンに一致するギアを選択するときに注意する必要があります。 使用するピニオンの数は、システムに必要な駆動力に応じて決定する必要があります。 荷重歯がサンプルで耐えることができる最大円周力をすでに与えています

  • ボルトを取り付けるための要件

旋回軸受の取り付けには、適切なボルトと固定力を選択する必要があります。ボルトのサイズはGB / T5782-2000およびGB / T5783 -2000の要件を満たし、強度はGB /T3098.l-2000で指定されている8.8グレード以上である必要があります。 。 当社は10.9グレードの高力ボルトの使用を提案しており、特殊用途には8.8グレードと12.9グレードの高力ボルトを選択しています。 旋回軸受を取り付ける場合、ばね座金は使用できません。 平座金のサイズは、GB /T97.l-1985およびGB / T97.2-1985の要件を満たしている必要があり、硬化および焼き戻しによって処理する必要があります。 ボルトのクランプ長さは5d以上である必要があります(dはボルトの呼び径です)。 ボルトをシートフレームに締め付けるときは、一定の事前締め付け力を保証する必要があります。これは通常、ボルトの降伏限界の0.7倍です。

注:(1)ボルトサイズがGB / T5782-2000またはGB / T5783-2000に適合しない場合は、表の値を個別に計算する必要があります。

(2)ボルト頭とクランプ面の総摩擦係数は0.14で、ネジ山に少量の油を塗ることができます。

日本語