• 旋回軸受を選択するための技術的パラメータ
  • 旋回軸受の荷重、すなわち、回転軸に平行な軸力Fa、回転軸に垂直な半径方向力Fr、および両方の力によって引き起こされる転倒モーメントM。
  • 各種類の負荷が機能する時間の割合。
  • 各種荷重下での旋回軸受の回転速度。
  • 歯車に作用する円周力。
  • 旋回軸受の寸法要件
  • その他の動作条件。

ユーザーは、当社が提供する荷重曲線グラフ(詳細は次の章を参照)に基づいてモデルを選択する方法と手順に応じて、適切な旋回軸受を選択できます。 その後、当社の技術部門にご確認ください。 また、当社に詳細情報を提供することもできますので、旋回軸受の種類を選択させていただきます。 弊社に機種選定の際は、付録A「旋回軸受の機種選定のユーザー情報表」に詳細をご記入いただく必要がありますので、弊社営業部までお問い合わせください。

  • 旋回軸受の耐荷重曲線
  • 当社の製品サンプルには、旋回軸受の各モデルに対応する荷重曲線グラフが用意されており、事前に旋回軸受を選択するのに役立ちます。 グラフには2種類の曲線があります。1つは、旋回ベアリングが静止状態を維持しながら耐えることができる最大荷重です。 もう1つは、旋回軸受の3種類の高力ボルト(8.8、10.9、12.9)の荷重曲線です。 型締長さがボルトの呼び径の5倍で、仮締め力がボルト材質の降伏強度限界の70%の場合に決定されます。
日本語